結納&両家の顔合わせ (広島で婚約指輪・結婚指輪選びの前に)|和光ブライダル

メニューを開く
ページの先頭に戻る

WAKO Special Contents婚約・結婚を控えた方に贈るお役立ち情報

結婚準備

57 View

結納&両家の顔合わせ (広島で婚約指輪・結婚指輪選びの前に)

 

両親への結婚報告が終われば、次は結納・両親の顔合わせを行うのが一般的な流れになります。
結納とは、古来のしきたりや儀礼により、結納品をととのて婚約を正式に行うことです。
両家の顔合わせは、特にルールや決まり事がなくお互いの両親が食事をしながら初めて対面する会です。
以前は、当たり前のように行われていた結納と両家の顔合わせですが、
最近は両方ともやらないカップルや、どちらかだけ行うなどさまざまです
結納や顔合わせについて、近頃の傾向についてご紹介していきます。

 

 

■結納って?
「名前は聞いたことがあるだけで、ぜんぜん知らない」。
ほとんどの人がこんな印象ではないでしょうか。
結納とは、文字が表すように新郎新婦両家が親類として「結」びつくことを祝い、
結納品や金品、婚約指輪などの贈り物を「納」め合う儀式のことをいいます。
結納を行うことにより、二人だけの口約束でなく、二人以外の人にも知らせて婚約を公にすることです。
他にもキリスト教徒の「婚約式」や、神ではなく人に誓いを立てる「人前婚約式」、
周囲に知らせる「婚約パーティー」などもあります。

 

結納は日本独特の伝統的な婚約式といえますね。
また地域ごとの風習が根強くあり両家の価値観の違いも出やすいものといえます。
全国津々浦々、少しずつ異なるようで、
例えば、広島県では結納返しにご先祖への挨拶の意味を込めてお線香を送る風習があるそうです。

親の意向で行う場合でも正式結納ではなく、
ホテルで行われる金品のみや婚約指輪のみで行う略式結納にするカップルが増えています。

 

 

■顔合わせとは?
一方、顔合わせとは、お互いの両親を引き合わせるための食事会のことをいいます。
結納の後に行われることが多かったのですが、
最近では顔合わせ食事会のみを選ぶカップルが増えているようです。
決まりきったことはなく、食事をしながら両親の親睦を深めることが大きな目的になっています。
顔合わせ食事会で、婚約指輪を披露する場合は自己紹介と乾杯の間に行いましょう。

ここで注意してほしいのは、婚約指輪の注文時期です。
婚約指輪は注文してから意外と期間を要します。
フルオーダーなら2~3ヶ月、セミオーダーなら1~2ヶ月、
既製品の場合でもサイズ直しや刻印の時間が必要なります。
既製品でも1ヶ月くらい余裕をみておくほうが安心です。
スケジールになるべく余裕をもたせましょう。

 

顔合わせの場所は料亭やレストラン、ホテルを選ぶケースが多いようです。
お互いの両家が打ち解け合うのが目的ですので、
どんな雰囲気の食事会にしたいのかによって選ばれます。
たとえば、きちんとしたフォーマルな感じにしたい場合は料亭やホテルを。
肩肘張らずにカジュアルな雰囲気にしたい場合はレストランといった風に選択されます。

 

 

■昨今のカップルは?
婚約のスタイルは時代に合わせて変化しています。
一昔前までは女性が嫁ぐといえば、結納を交わすのが主流でしたが、
現代では結納をせずに顔合わせ食事会のみを行うカップルが半数以上を占めています。
費用もかかり儀礼的なことから敬遠される傾向にあるのかもしれません。
ただし、親の意向や地域のしきたり、伝統を重んじて結納を行うカップルも少数ながらいます。
いずれにしても、結納や顔合わせ食事会をやる、やらないかは
勝手に二人だけで決めずに、両親の意見や思いを聞いて
お互いの意向を尊重した上で、相談しながら進めていくほうが賢明でしょう。

 

 

結納と顔合わせ食事会をした先輩カップルの声を聞いてみましょう。

 

 

●結納をして良かった点
・結婚に対する意識が高まり、協力し合うようになった。
・親世代は結納が当たり前だったので、親が喜んでくれた。
・両家の仲が深まった。

 

●顔合わせ食事会で良かった点
・美味しい料理を和やかに楽しめた。
・堅苦しさがなかった。
・双方の両親のことを知ることができた。

 

■顔合わせを成功させるには?
結婚を予定しているカップルの半数以上が行う両家の顔合わせ。
出席者は両親と兄弟が一般的です。
両家の両親が挨拶だけではなく、正式に顔を合わせて親睦を深める場であり
お互いの人柄を知る機会となる大切な会です。
それだけに当日は出席した全員が心地よく楽しい場にしたいものです。
そのためのポイントを紹介します。

 

●場所選び
・先述したように、どんな雰囲気で行いたいかを第一に考えましょう。
ただし、カジュアルな雰囲気を選ぶにしても、にぎやかなところはNGです。
落ち着いて話ができる場所が大前提であり、個室を予約しましょう。
・料理のジャンルは親の好みを反映させること。
・お互い住んでいるのが遠方なら、その中間地点にして、アクセスが便利なところにしましょう。

 

●進行を考える
・誰が家族を紹介するか、乾杯の音頭、最初と最後の挨拶をするのかどうか、それぞれ担当を決めておく。
・ふたりで予め当日の流れをシミュレーションする。
・お互い初対面での長時間の食事は疲れるもの。2時間くらいでお開きにしましょう。

 

●服装や手土産
・事前に洋服をどんな感じにするか相談しておく。
一般的には男性はスーツ、女性はスーツかワンピース。
・お互い手土産を持参するかどうするか、決めておくほうが無難

 

費用は二人が負担するのか、両家の折半にするのか、予め決めておく方がスマートですね。

 

 

両家が一堂に集まる顔合わせ食事会は、家族同士の仲を一気に深められるチャンスです。
これから長いお付き合いをしていく両家の初対面の場。
大切な部分は両親に相談しながら決めましょう。
穏やかな雰囲気づくりになるよう配慮しながら、心温まる食事会にしてくださいね。

  • 来店予約 リンクバナー来店予約 リンクバナー
  • 店舗アクセス リンクバナー店舗アクセス リンクバナー
  • メールお問い合わせ リンクバナーメールお問い合わせ リンクバナー
ページの先頭に戻る