結婚前にもっとも重要な・・・両親へ結婚挨拶!|和光ブライダル

メニューを開く
ページの先頭に戻る

WAKO Special Contents婚約・結婚を控えた方に贈るお役立ち情報

結婚準備

77 View

結婚前にもっとも重要な・・・両親へ結婚挨拶!

結婚に向けてふたりの気持ちがしっかり固まったら、
次は両親に報告、二人揃って両家へ挨拶に行きましょう。
おめでたいことは、なるべく早めに伝えたいもの。
でも、どうやって話せばいいの?
結婚挨拶ってどんな感じ?
そんな不安な二人のために両親への報告から結婚挨拶までを
シミュレーションしてみましょう。

 

 

■お互いの両親へ報告

 

まず、最初はそれぞれの両親に報告しましょう。
大切なことなので、メールではなく、できるなら直接会って話すことをおすすめします。
遠方なら電話でも伝わるでしょう。
親子であってもいきなり「結婚します」と言うのではなく、
「実は結婚したい人がいるの」とやんわりと切り出しましょう。相手に会ってほしいとお願いする気持ちも忘れずに。
結婚相手の名前や年齢、仕事に加えて、知り合ったきっかけや人柄なども伝えるほうが親切ですね。照れくさいですが、
どういったところが好きになったかなども話せば、両親をあまり驚かせず安心してもらえるでしょう。

 

■最初は女性側から

 

お互いの両親に報告を済ませたら、次はふたり揃って結婚挨拶へ。
相手の両親と以前から顔見知りで親しい仲であっても、けじめとして挨拶に伺いましょう。

でも、どちらから先に訪問すればいいのでしょうか。
一般的に「彼女をお嫁さんにもらう」という意識がまだ世間に根付いているので
女性側の実家から挨拶に行く人が多いですね。
先に伺って結婚の許しの承諾を得るほうが好ましいです。

挨拶の目的は、二人の結婚を許してもらうこと。
お願いしに伺うので
訪問する日取りは、両親の都合に合わせて決めましょう。

訪問する時間ですが、食事時は避けるのがマナーです。
お昼ごはんが済んだ午後の時間帯がよいでしょう。

 

■挨拶に行く時の服装

 

相手の両親宅に訪問する時に何を着ていけばいいのか…悩むところですね。
これから義理の親となる大切な人に少しでも、好感をもってもらいたいもの。

男性は清潔感が伝わるスーツがベストですね。
シャツやネクタイは派手になりすぎないようにしましょう。

 

女性なら「清楚で女性らしい服装」が一般的なイメージ。
スーツでもいいですが、ワンピースなら女性らしい品の良さを演出できますね。

ポイントは3つ

 

・選ぶ色
おすすめの色はパステルカラーですが、上品に見えるネイビーやベージュもいいですね。
寒色系にするなら、柔らかくて女性らしさが伝わる素材のものを選びましょう。

 

・デザイン
なるべくシンプルなデザインほうが、きちんと感が出るのでおすすめ。

フォーマルな感じになるブラックのワンピースもいいですが、
全身黒づくめにしてしまうと喪服のように写るので、アクセサリーなどで色目をプラスするようにしましょう。
ノースリーブや大きく胸元が開いた露出の多い服装は避けましょう。

アクセサリーは小ぶりのものや控えめなもののほうが上品な感じになりますね。
プロポーズの時に婚約指輪をもらっている場合はどうしたらいいでしょうか。
婚約指輪は、両親から結婚の承諾を得てから身につけるものなので、
婚約指輪のお披露目は両家の顔合わせの時の楽しみにとっておきましょう。

 

・羽織もの
ワンピースの上に羽織るならジャケットがおすすめです。
カーディガンだと優しい印象になりますが、カジュアルな雰囲気が強くなりますので、
選ぶならカシミヤなど上質な素材のものにしましょう。

 

 

■両親へ結婚の挨拶

 

そして、いよいよ両親へ結婚の挨拶に伺う日。

時間に余裕をもって出かけたいものですが、約束の時間より早めにチャイムを押すのはやめましょう。
相手側の準備の都合もあるので早めの訪問はマナーに反します。

 

訪れたら、ドアを静かに閉めてから
「○○と申します。本日はお時間を取っていただきありがとうございます」
と挨拶と一緒に感謝の気持ちも伝えましょう。

挨拶を済ませたら手土産を渡しましょう。
席についてすぐに本題を切り出すのではなく、お天気の話など雑談から始めると場が和みます。

気楽で無難な会話をしてから、目的である本題に入りましょう。

この時、男性のほうから切り出すほうがスマートですね。
「○○さんと結婚をさせてください」と
しっかり相手の目をみて真摯にお願いしましょう。

「○○さんをください」という言い方は好ましくありません。

よく耳にする言葉ですが、
娘をモノ扱いしていると思われるかもしれないので避けましょう。

この時、和室の場合は座布団から離れて、畳の上に正座して挨拶を。
洋室なら椅子から立ちあがって挨拶をしましょう。

無事に本題が終わったら、しばらく歓談を楽しみましょう。
最初よりリラックスして話ができると思いますよ。
食事をすすめられた場合、最初は断るのがマナーです。

二度すすめられたら、「お言葉に甘えて」と一言添えてご好意に甘えましょう。

食事がない場合は訪れてから2時間くらいを目安に席を立つように。

「本日はありがとうございました」と
最後にきちんとお礼をいいましょう。

 

 

いかがですか?
不安だった気持ちが少しはラクになったのではありませんか?
このように、あらかじめ流れを想定して十分な備えをしておけば大丈夫です。
礼を尽くし、笑顔を忘れなければ、ちょっと失敗しても想いは相手に通じるもの。
誠実に真摯な気持ちで相手の両親に挨拶しましょう。

  • 来店予約 リンクバナー来店予約 リンクバナー
  • 店舗アクセス リンクバナー店舗アクセス リンクバナー
  • メールお問い合わせ リンクバナーメールお問い合わせ リンクバナー
ページの先頭に戻る